男女

M&Aを成功させる|仲介役を専門会社に依頼しよう

幸せを呼ぶ企業の「結婚」

女性

M&Aは合併や買収によって経営権を移動させ、事業の多角化を目指したり企業の規模を拡大したりすることをいいます。大企業のみならず、中小企業においても有効な経営戦略です。専門の仲介業者のサポートを受ければ、効率的なパートナー探しが可能になります。

Read More

シナジー効果創出のために

会社

何に注意すべきか

M&Aの主な目的は、事業規模の拡大、事業の多角化、事業統合等などですが、理想的な形としては買い手企業と売り手企業の双方のリソースがコラボレーションすることにより、1プラス1=2以上のシナジー効果を出すことにあります。M&Aの仲介をする企業は、売り手企業の資産価値を高めるため、売り手企業債務を極力縮小化するようにアドバイスしたり(通常のM&Aでは、売り手側の債務は、買い手側が負うことになるため、仲介役が、適切な指示を与えることがM&Aの成功に貢献することがあります)、M&Aによって生じる売り手側の不安、例えば、M&A後も、売り手側の社員がこれまで通り業務を行えるのか、M&A後の給与体系がどうなるかなどの不安を取り除くために、速やかに情報を開示してゆく必要があります。

具体的提案が成功を導く

通常の企業は、利益を少な目に計上することによって、あくまでも合法的範囲内で、税金を節約する傾向にありますが、M&Aにおいては、この事は双方の利益にならない場合があります。買い手側が、売り側の収益性を、実体よりも低く見積もってしまう可能性があるからです。このような場合には、仲介する企業が、売り手側の事情を斟酌し、買い手側に、売り手企業の資産価値を正しく伝達することがM&Aの成功に貢献することがあります。また、売り手に具体的な候補が挙がっていない場合には、ノンネームシートを使用して、企業名を明かさないまま、条件に合致する企業を買い手側に絞り込んでもらうなどの工夫も有効です。またM&Aの最終局面において、双方の条件が合致しない場合には、通常の合併方式ではなく、会社は譲り受けずに事業のみを引き継ぐ方式を仲介役が提案するなどの機転も有効でしょう。

ASSOCIATED LINK

  • M&A 事業承継 山田ビジネスコンサルティング株式会社

    株式譲渡とは何か気になる人も多くいるはず。ここで経営をする際に役立つ情報を習得できるのでオススメです。

間に立つ業者選びが大切

男の人

M&Aの仲介業者はどこでもいいというわけではなく、売買の額に応じて適した業者がある点に注意しましょう。また仲介業者にとって、会計や法律などの知識があるのは当たり前のことです。売買をしたい企業に関する知識を持っている仲介業者を選ぶことが大切です。

Read More

業務拡大と進め方

オフィス

企業が事業拡大や新規分野に進出しようとする場合、M&Aを行うことで効率的に進めていくことができる。その際には、買収先企業との交渉なども必要であるため、仲介業者を活用して進めていくことが効果的になっている。

Read More